院長プロフィール 塚田 明

1951年4月23日 東京都江戸川区 生まれ
14歳で千葉県松戸市に移住
1969年 市川学園高等学校卒業
1973年 神田外語学院卒業
1975年 関東カイロプラクティック学院卒業
1976年 常盤平カイロプラクティック開業
1986年 セントラルカイロプラクティック学院 本校常盤平校開設
1986年 セントラルカイロプラクティック学院 支店松戸校開設
松戸整体院開業
1987年 セントラルカイロプラクティック学院 支店浦和校開設
浦和整体院開業
1990年 セントラルカイロプラクティック学院 支店浅草校開設
浅草整体院開業
1991年 ハーク整体専門学院と改名 本校として津田沼校に移転
ボデーバランス津田沼本院開業
1996年 浄土真宗 僧侶の得度習得 正式に僧侶の称号受ける
僧侶名 釈 道心
1997年 ボディーバランス院をザ・整体と改名現在に至る
施術と塚田式背直術の学院を併設


高校生時代から千葉市のレストランにてアルバイトの経験あり外語学院卒業後、コックを時代を経験、その後サラリーマンに転身したが、仕事中に腰を痛め、整形外科・接骨院・鍼など考えられる治療をすべて受けたが改善せず、2ヶ月間の休養を余儀なくされた時、近所の方に私の父が整体院を経営しているから行ってみますか?と声をかけられお世話になることにしました。

今までの治療とは違った回復感があり2週間程で仕事復帰ができるようになり、これはスゴイと先生に弟子にして欲しいとお願いをして整体を学むことになりました。

卒業後、整体院を自宅にて開業、自宅では盆も正月も電話がやむことなく休みも取れなくなり他に治療院を移し松戸でしばらく仕事をしておりましたが、10年程した頃から日本医師会からの圧力によりカイロベットの購入が困難になったりカイロや整体の矯正は危険が伴うから自主規制をするようにとの読売新聞に掲載されました。

そのころはカイロプラクティックの学院も経営しておりこの先矯正が規制されたら私も生徒も困ることになると考え、触らなくて治せば文句は無いだろうと単純に考えました。
しかし、その後、矯正の規制はありませんでしたが、私は絶対に触らない治療を探し出すんだという思いに突き進んでいましたその時の生徒のなかで建設会社の社長さんがいました。

その社長さんが中国の気功の先生を知っているとのことですのですぐに来てもらい気功を教わりましたが、半年訓練しても治療の力はつかずに悶々としていたが、必ず何かあると真剣に考えていたところある朝、強烈な夢を見てから気功治療が身につき、これは大変だと信頼のおける気功師を探して弟子入りし、気功と特殊な力を自ら開発しながらも僧侶の勉強をして称号を受け現在に至る。

以前では整体は何度も症状をぶり返していたが、完全治癒を目指すことを目的にして塚田式背直術をメインにして筋肉骨格系以外の症状、うつ病・パニック・子宮内膜症・高血圧・腎臓機能低下・不整脈などなどに力を注いでいます。塚田式背直術はその場で答えをだす療法ですので、信じる信じないは関係ありません必ず効果がでます。

塚田式背直術はほとんどの症状に対応しますが、ウイルス系・先天性・ガンなどには対応できません。


院長 塚田 明